アートdeおもしろ集客看板

もっと目を引く、面白い看板はないの? 面白くない看板は、誰も目を向けてくれません。 しかも、「集客」につなげるには、「タネ」も「仕掛け」も必要です。 真に「集客」をお考えの方だけご覧ください。

客は「来ない」「買わない」が当たり前

客への間違った思い込み

店に客が来ない。
来ても買わない。
それを嘆く店主をよく見かけます。

でも、客はその店のことばかり考えているわけではありません。
その店で買わなければならないと決めているわけではありません。

「来店につなげる」「買うにつなげる」努力とは

あなた自身、自分の行動を見たらそうでしょう。
毎日、いろんな情報に囲まれて生活している。
何となく街やSCに出かけてみる。
入ってみたくなる店を見つけたら入ってみる。
面白そうな商品や店員の共感する提案と出会ったら、「買う」という行動に結びつく。
それらの出会いがなかったら、どこの店にも入らないで、何も買わないで帰って行く。

ということは、客との出会いの場をつくる努力をしないと、来店もしてくれないし、買ってもくれない。
客は「来ない」「買わない」が当たり前だということ。
商売は、そこから始るのではないでしょうか。