アートdeおもしろ集客看板

もっと目を引く、面白い看板はないの? 面白くない看板は、誰も目を向けてくれません。 しかも、「集客」につなげるには、「タネ」も「仕掛け」も必要です。 真に「集客」をお考えの方だけご覧ください。

看板は店主の分身です。

看板はお店の「番頭さん」

看板は、お店の姿や特徴をお客さまに分かりやすく伝えるものです。
お店をプレゼンテーションするためのツールとも言えます。
いわば、看板は店主の代わりに店頭に立って客引きをしているわけです。

お店と看板にギャップはないか?

お店の実体と看板がかけ離れているのは問題です。
お客さまは看板のイメージに共感して来店するわけですから、看板のイメージと店内のイメージが食い違っていては、たとえ入店しても裏切られた気分になって、次は来てくれません。

店内と看板が「目指すイメージ」になっているか?

店主の目指すお店の姿、あり方と店内のイメージは一致していますか。
そして、店内のイメージと看板のイメージは一致していますか。
まず、そこを点検してみましょう。

看板を直すべきか、店内のイメージを直すべきかが見えてきます。