アートdeおもしろ集客看板

もっと目を引く、面白い看板はないの? 面白くない看板は、誰も目を向けてくれません。 しかも、「集客」につなげるには、「タネ」も「仕掛け」も必要です。 真に「集客」をお考えの方だけご覧ください。

看板診断で多い症例

最も多い看板の諸症状

看板診断を行って多いのは次のような問題です。

・何の店かわからない。(コンセプト)
・何を売りたいのかわからない。(売り物、営業内容)
・何が得意なのかわからない。(得意分野、看板商品)
・価格がわかりにくい。(価格表示)
・店のシステム(買い方)がわかりにくい。(複雑なシステム、店本位のシステム)
・店内の雰囲気がわからない。(無表情、内装・外装・看板のギャップ)
・店に入りにくい。(物理的、心理的障害)

看板の病気の原因は?

お店の内容はとても優れているにも関わらず、見せ方、見られ方に問題があるようです。

また、そのつど看板屋さんを替えて、その度にロゴや文字の書体、センスなどがバラバラで、かえってノイズになっているケースも目立ちます。

医者や経営コンサルタントでさえも、自分で自分の姿はよく見えないものです。

店主の思いだけが先走って、独りよがりになりやすい傾向があるようです。

自店を第三者の専門家に客観的に見てもらうことが、解決の一番の早道かも知れません。