アートdeおもしろ集客看板

もっと目を引く、面白い看板はないの? 面白くない看板は、誰も目を向けてくれません。 しかも、「集客」につなげるには、「タネ」も「仕掛け」も必要です。 真に「集客」をお考えの方だけご覧ください。

看板は、お客様との最初の接点です。

看板は、店とお客様との最初の出会いの場であり、お客様の入口です。

 

看板がなければ、店の存在に気づいてもらえませんし、勝手にお客様が向こうからやって来ることもないので、売上も発生しません。

ごく当たり前で「言われなくてもわかっている」という言葉が返ってきそうですが、現実にはわかっていない人が多いようです。

 

勿論、看板の付いていない店はほとんどないと思います。

しかし、その看板がお客様との出会いの場をちゃんと作っていますか?

お客様の入口としての役割を果たしていますか?

それがお客様に伝わらなければ、看板は付いていても何の役割も果たしていないことになりますし、付いていないのと同様です。

いくら看板のコストを削減しても、なんの働きもしない看板を付けても意味がありません。

 

「店を出したら客が来る」と勘違いしている起業者が多いのには驚きます。

起業して最初につまづくのが集客です。

いくらいい商品やサービスを持っていてもお客様が来てくれなければ何も始まりません。

数多ある店の中から、自店を選んでもらうのは至難の業です。

看板をおろそかにすると、開店時点からつまづいてしまうことになります。

看板の機能や役割をきちんと理解して、最大限に看板を活用していただきたいと思います。

 

これから、できるだけ簡潔にわかりやすく看板について解説していきますので、ぜひご参考にしてください。